骨密度が低いと診断された方へ

続けやすい治療法が増えています

続けやすい治療が増えています。

粗しょう症のお薬には
いろいろな種類があります。

食事や運動などの生活習慣の工夫では追いつかないほどのスピードで骨が減っていく場合は、お薬による治療が必要になります。
骨密度測定を定期的に受け、できるだけ早く治療を始めること、お薬を処方されたら、きちんと続けて、骨折しにくい骨を保つことが大切です。

骨粗しょう症のお薬は、骨の働きを改善し、骨折のリスクを低下させる効果を持つものが主に使われます。骨をけずる働き(骨吸収)を抑える薬、骨をつくる働き(骨形成)を助ける薬、骨吸収と骨形成のバランスを整える薬などの種類があります。

折を防ぐためには、
お薬を継続することが
とても大切です。

生活スタイルに合わせたさまざまな治療法が拡がっています。

主治医に、自分に合った続けやすい方法を相談してみるのもよいでしょう。

骨粗しょう症薬の種類

監修 : 健康院クリニック 副院長 / 予防医療研究所 所長  細井 孝之 先生

上に戻る