骨密度が低いと診断された方へ

続けやすい治療法が増えています

骨粗しょう症薬とのつきあい方

粗しょう症のお薬は、
正しくきちんと
続けることが大切です。

骨粗しょう症の治療は、続けることが重要です。きちんと治療を続けていれば、骨の新陳代謝を改善し、骨密度を増やして、骨折しにくい状態に保つことができます。
中断すると骨の状態が元に戻ってしまい、いつ折れてもおかしくないというリスクを再び抱えることになります。

治療中は、骨密度検査や骨代謝マーカー検査(骨の新陳代謝の様子がわかる血液・尿検査)などで定期的に効果を確認しながら、主治医の指示に従って、丈夫な骨を保っていきましょう。

次の投与日を忘れそうで心配な場合は、お薬手帳やカレンダーなどに記録していくとよいでしょう。またサプリメントなどはお薬の効果に影響をおよぼす可能性がありますので、必ず医師に相談しましょう。

歯などの歯科治療は、
骨粗しょう症治療を
始める前に済ませて
おきましょう。

骨粗しょう症の治療中に、歯の治療を行うと、歯ぐきの腫れ、あごの痛みなどが発生することがあります。
歯科治療は、骨粗しょう症の治療を始める前に済ませておきましょう。骨粗しょう症の治療中に抜歯などの治療が必要になった場合は、骨粗しょう症治療の医師、歯科医師、双方とよく相談しましょう。
また、定期的に歯科検診を受けて、日頃から歯の健康を保ちましょう。

監修 : 健康院クリニック 副院長 / 予防医療研究所 所長  細井 孝之 先生

上に戻る