50歳を過ぎたら女性は定期的に骨密度測定を!

なぜ定期的に測った方がいいの?

50歳を迎えると、女性は
急激に骨折しやすい状態へと
変わっていくからです。

骨は、硬くてしっかりした丈夫なもの、成長期にできあがったら変わらないもの、と思われるかもしれません。ところが、骨はお肌と同じように、日々新陳代謝しており、常に新しく作り変えられ、年齢とともに変化していきます。

特に女性の場合は50歳を過ぎ、閉経を迎えると、丈夫な骨をつくり、それを保つのに重要な役割をはたしている女性ホルモンの分泌が急激に低下するため、それに伴って骨の量が急激に減少し、骨粗しょう症(骨がもろくなり骨折しやすい状態)になりやすいことがわかっています。

そして骨粗しょう症は、自覚症状が無く知らないうちに進行することがほとんどです。自分の骨がもろくなっているかどうかは、外見からではわかりません。背中や腰の骨などは、気付かないうちに折れてしまっている場合もあります。
骨折を起こし、寝たきりになってからでは遅いので、定期的に骨密度測定を受けて、自分の骨の状態を確認しておく必要があるのです。

女性ホルモンと骨量の変化

監修 : 健康院クリニック 副院長 / 予防医療研究所 所長  細井 孝之 先生

上に戻る