骨粗しょう症って何?

骨粗しょう症の症状は?

粗しょう症は、
特に自覚症状のないまま進んでいきます。

腕のつけ根、背骨、手首、太もものつけ根

骨がスカスカになるだけでは、特に自覚症状はあらわれません。骨密度測定を受けて確認などしない限り、骨粗しょう症が進んでいることに気付くことは困難です。
骨粗しょう症で問題になるのは、骨折です。

気付かないうちに骨がもろくなり、骨折してから気付く人も少なくありません。
骨粗しょう症になると、転んで尻もちをついた程度のちょっとした衝撃で骨折してしまうこともあります。太もものつけ根の骨折は、寝たきりの原因にもなります。

バランスを崩して床に手をついたときに、手や肩の骨を骨折することもよくあります。

最も多いのが背骨の骨折です。この骨折は短い筒状の背骨(椎体)がつぶれることによって起こり、折れたという自覚のないまま、一つ、二つと連鎖的につぶれるように骨折していきます。

骨粗しょう症と診断されたら
早めに治療を始めて、骨折を防ぎましょう。

背骨の骨折に自分で気付く目安のひとつとして身長があります。若いころより身長が4cm以上縮んでいたら、すでに骨折している可能性があります。背中や腰が曲がってきて、痛みがつらくて病院に行ったら、すでに折れていたということもよくありますので、2cm以上身長が縮んでいたら、一度検査を受けてみましょう。

骨折が一度起きると、次の骨折が起きるリスクが大きく高まります。自覚症状がなくても、骨密度の低下や背骨の骨折が見つかり骨粗しょう症と診断された段階で、できるだけ早く治療を始め、次の骨折を防ぐことがとても大切です。

[後頭部と壁に隙間がある] 壁際に立っても頭の後ろが壁につかない、若いころより身長が4cm以上縮んだ⇒すでに背骨が骨折している可能性があります。
上に戻る