50歳を過ぎたら女性は定期的に骨密度測定を!

骨密度測定ってどうやって受けるの?

密度測定では、
若い人と比べてどのくらい
骨の量が減っているかを
調べます。

骨がもろくなっているかどうかを知る指標として代表的なものが「骨密度」です。骨密度測定では、X線を使って骨の量を測ります。結果は、若い人の平均値を100%とした時に、自分の骨の量が何%かで示されます。

骨密度が若い人の80%未満になると要注意、70%以下まで減ると、骨粗しょう症と診断されます(骨折したことがなく、他に骨密度を減らす病気などがない人の場合)。

骨粗しょう症になると、骨折が起きるリスクが高まるので、早目に診断を受け、食事や運動療法に加え、場合によっては骨を強くするお薬などによる薬物治療を早く始めることが肝心です。

粗しょう症検診は、
自治体やお近くの病院で受けることができます。

・自治体の骨粗しょう症検診で
多くの自治体で、40、45、50、55、60、65、70歳の女性を対象にした骨粗しょう症検診を実施しています。お住まいの地域のホームページや広報誌のお知らせを確認してみましょう。対象年齢以外にも検診を実施している市町村もあるので、詳しくはお近くの保健所などに問い合わせてみましょう。
・健康診断のオプションで
骨密度検査は一般的な健康診断の項目には含まれていませんが、オプション検査として選べる場合があります。定期的な健康診断の際に、合わせて申し込むのもよいでしょう。
・お近くの病院で
お近くの病院やかかりつけ医で測定してもらうこともできます。地域の方々の健康管理に役立てたいと、骨密度測定装置を備えている病院がお近くにもあると思いますので、ぜひ気軽に足を運んでみましょう。予約が必要な場合もあるので事前に確認するとよいでしょう。

診断(検診)に用いられる骨密度の測定方法

DXA(デキサ)

骨粗しょう症の診断に使用される測定方法です。背骨や太もものつけ根、前腕などの骨密度をX線で測定します。検査着で装置に横になり、数分じっとしていれば終わります。

MD(エムディ)

手の骨密度をX線で測定する方法です。簡便に測定できるので、DXA装置のない医療機関ではよく用いられている方法です。ただし、お薬による骨密度の上昇効果が得られにくいです。

検診とスクリーニングに用いられる骨密度の測定方法

超音波

かかとの骨に超音波を当て、骨の強さを反映する測定方法です。診断には使われませんが、検診などで骨折リスクを簡単にスクリーニングする方法として普及しています。

監修 : 健康院クリニック 副院長 / 予防医療研究所 所長  細井 孝之 先生

上に戻る