骨密度が低いと診断された方へ

骨だけじゃない? ロコモティブシンドローム予防

健康寿命は、健康な足腰から」
骨や筋肉を鍛えて、ロコモティブシンドロームを予防しましょう。

「ロコモティブシンドローム(通称:ロコモ)」という言葉をご存知でしょうか。ロコモティブシンドロームとは「筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、もしくは複数に障害が起き、歩行や日常生活に何らかの障害をきたしている状態」をいいます。

高齢化に伴い、骨粗しょう症、変形性ひざ関節症、脊柱管狭窄症、サルコペニア(加齢に伴う筋量・筋力の低下)といった運動器の病気でロコモティブシンドロームになり、元気に歩けなくなってしまう人が増えているため、これを予防して、健康寿命を延ばすことの重要性が叫ばれるようになりました。

監修 : 健康院クリニック 副院長 / 予防医療研究所 所長 細井 孝之 先生

あなたももしかしてロコモティブシンドローム?
「ロコチェック」を使って簡単に確かめることができます。
ロコチェックはこちら※骨だいじょうぶ.comとは別のサイトへリンクします。
上に戻る