私の骨は大丈夫!?

骨粗しょう症は意外と身近な病気です。健康に自信がある方こそ、発見が遅れるケースも多々見受けられます。
ここでは、実際にアンケート調査で明らかになった「大丈夫」という自信や思いからくるよくあるケースをご紹介します。

[事例] 足腰もいたくないので大丈夫!

[Q] 骨粗しょう症と診断された人に聞きました。「診断されたとき、どう思いましたか?」

[A] 私はよく転びますが、兆候はありませんでしたので自分は大丈夫だと思っていました。(70代・女性)の場合

[A] 医師から、そろそろ年齢的にも検査をしましょうと勧められたので検査を受けた。年齢の平均値はあると思ってたのでちょっとショックでした。自覚症状もないので安心していました。(60代・女性)の場合

[A] 骨折経験のない人は、大丈夫だと思っていた。(50代・女性)の場合

※コメントは「骨粗しょう症に関する意識調査」回答より実施:2014年10月/調査機関:楽天リサーチ

本当のところをお医者さんに聞いてみよう

骨折をして初めて骨粗しょう症がわかることも。中高年を過ぎたら定期的に骨の強さをチェックしましょう。

骨粗しょう症は自覚なく進むことがほとんどです。骨折して初めて見つかることもありますし、背中が痛くて病院に行ったら、すでに骨折していたなどということもあります。背中や腰が丸まる、身長が縮むなどの症状が出るのは、弱くなってしまった背中の骨が気づかないうちにつぶれてしまったサインであることも。自覚症状が出る前にこそ、早めに発見して治療を開始し骨折を予防することが大切なのです。中高年になったら、定期的に骨密度の検査をし、骨粗しょう症になっていないかチェックしましょう。

健康院クリニック 副院長 / 予防医療研究所 所長  細井 孝之 先生

あなたの骨チェック!

上に戻る