私の骨は大丈夫!?

骨粗しょう症は意外と身近な病気です。健康に自信がある方こそ、発見が遅れるケースも多々見受けられます。
ここでは、実際にアンケート調査で明らかになった「大丈夫」という自信や思いからくるよくあるケースをご紹介します。

[事例] 一度骨密度の検査をした時に非常に良かったので大丈夫!

[Q] 骨粗しょう症と診断された人に聞きました。「診断されたとき、どう思いましたか?」

[A] 検査で2回異常なしだったので、信じられない気持ちだった。(60代・女性)の場合

[A] 何年か前に検査した時は骨粗しょう症では無かったが二年後位に念の為に検査して貰ったらそんなにひどくないけど薬を飲んだ方が良いという事で―― 年相応という事も有るけど少なからずショックでした。(60代・女性)の場合

[A] 何年か前に検査した時は、骨粗しょう症ではなかった。(60代・女性)の場合

※コメントは「骨粗しょう症に関する意識調査」回答より実施:2014年10月/調査機関:楽天リサーチ

本当のところをお医者さんに聞いてみよう

骨密度は、1回測定するだけでは不十分。定期的に測って、骨の状態を知っておくことが大切です。

女性の骨は、加齢とともに急激に減っていき、もろくなっていくことがわかっています。1回、骨密度測定を受けて大丈夫だったからといって、安心はできません。数年後には骨粗しょう症のレベルまで骨が減ってしまうことも大いにあります。

女性ホルモンと骨量の変化

骨が減っていくスピードは人によって違います。定期的に骨密度を測って、自分の骨の状態はどうなのかを確認しておき、気付かないうちにもろくなって、骨折してしまうことのないように、気をつけましょう。

健康院クリニック 副院長 / 予防医療研究所 所長  細井 孝之 先生

あなたの骨チェック!

上に戻る