骨密度が低いと診断された方へ

日常生活、こんなことに気をつけましょう

日常生活、こんなことに気をつけましょう

んで骨折を
起こさないように、
生活環境を整えましょう。

骨粗しょう症のこわいところは、小さな衝撃でも骨折してしまうリスクが高くなることです。特に太もものつけ根を骨折すると、寝たきりになるおそれがあります。
日頃の食事や運動で骨を丈夫に保つとともに、家の中で転ばないように生活環境を整えることも大切です。特に高齢になると、自宅で転倒し、骨折する人が増えています。

なたの家は大丈夫?

  • 家の中にちょっとした段差がある
  • 部屋や廊下に、積み上げられた新聞や雑誌、
    まとまっていないコード類など、
    引っかかりやすいもの・つまずきやすいものが
    置かれている
  • じゅうたんや水滴などにより、滑りやすい場所がある
  • 薄暗くて見にくい場所がある

1つでも当てはまるものがある場合は見直し、転倒しにくい生活環境を整えましょう。

転倒しにくい環境整備
部屋を整理整頓する 階段に手すりをつける 段差をなくす 外出するときはぬげにくい・すべりぬくい履き物で 悪天候・夜間の外出時は注意 転ばぬ先の杖

監修 : 健康院クリニック 副院長 / 予防医療研究所 所長  細井 孝之 先生

上に戻る