骨粗しょう症って何?

骨粗しょう症の原因は?

は常に新しく作り変えられています。

私たちの体を支える骨は、強くて硬く、成長期に一度できあがったら、ずっと変わらないと思う方もいらっしゃるかもしれません。実は、お肌がターンオーバーを繰り返しているのと同じように、骨でも、常に古い骨を溶かしては新しい骨に作り変えるという、新陳代謝が繰り返し行われています。

健康な骨は、この新陳代謝がバランスよく行われ、簡単に折れたりしないように、丈夫に保たれています。特に女性は、女性ホルモンが骨の健康管理の大きな部分をつかさどっています。

新陳代謝のバランスの
崩れが原因だと
考えられています。

ところが、なんらかの理由で新陳代謝のバランスが崩れると、古い骨をけずる働きがどんどん進み、新しい骨を作る働きが追いつかなくなって、骨が弱くなってしまいます。これが骨粗しょう症になる主な原因だと考えられています。

女性の場合、バランスを崩す主な要因は、閉経に伴う女性ホルモン分泌の変化です。女性は、女性ホルモンの急激な減少とともに、骨粗しょう症が進んでしまうことが多いので、特に注意が必要です。

正常な骨と骨粗しょう症の骨
破骨細胞と骨芽細胞がバランスよく働いています。
古い骨を溶かす破骨細胞が骨をどんどん溶かし、新しい骨をつくる骨芽細胞の働きが追いつかなくなっています。

監修 : 健康院クリニック 副院長 / 予防医療研究所 所長  細井 孝之 先生

上に戻る